エレベーターや業務用エアコン|法人向けメンテナンス会社

男の人

賃貸物件を元通りにする

女の人

不動産において店舗を出展するためのテナント出展したりビルを賃貸して事務所を構えたりする際には、賃貸契約の中に原状回復工事と呼ばれるものが含まれます。原状回復工事というのは、不動産から借りている物件の賃貸契約終了時においてその物件を借りる前の状態に戻す工事のことを指します。この工事は、その物件を明け渡すまでに行なわなければなりません。これが契約書に記載されている場合には、義務となりますので必ず行ないましょう。原状回復工事を行なわなければならない範囲というのも、契約書によって決まっているのでしっかりと契約書を確認する必要があります。
物件の状態を賃借する前の状態に戻すというのは、骨の折れる作業になるかと思います。原状回復工事業者に依頼することで、明け渡し期限までに適切な原状回復工事を行なってくれます。そういった業者を選ぶ際には、料金設定が明朗である業者を選ぶことが大切です。質の悪い業者の中には、後になって追加料金を発生させ法外な請求を行なってくる業者もいるのです。料金設定が明朗で、その料金設定の理由を明確に説明できる業者であれば安心して工事を任せられます。次に、確実で丁寧な工事を行なってくれる業者を選ぶ必要があります。賃借する前の状態に戻すのですから、雑な工事を行なわれてしまってはコストの無駄となります。また、そういった業者に見積りをとってもらう際には、現地調査を行なってもらいましょう。電話での対応のみで見積りを算出する業者というのは、信頼に欠けます。